歯科口腔外科(親知らずの抜歯、顎関節症の治療、外傷の治療等):池袋 光本歯科(歯科医院・歯医者)

歯科口腔外科治療なら、池袋 光本歯科医院

歯科口腔外科

歯科口腔外科

歯科口腔外科イメージ

歯科口腔外科の診療領域では、親知らずの抜歯、顎関節症の治療、外傷の治療等と言った顎口腔領域の外科処置を中心として、その疾病全般等を扱います。

歯科口腔外科は一般には口腔の外科であると認識されていますが、その特異性として顎口腔機能を中心として据えているた為に、内科的処置やストレス障害に至るまでその受け持つ範囲は広いです。取り扱う疾病も、炎症や骨折、腫瘍にとどまらず、奇形や各種症候群に至るまで口腔内の多種多様な疾病を受け持っています。

特に大学病院の口腔外科に長く勤務した経験から、難しい親知らずの抜歯、歯や歯肉、唇、舌の外傷、顎関節症などの難しい疾患も治療しています。

当院の歯科口腔外科治療

一般的に口腔外科を来院する頻度が高いのは、親知らずの腫れ痛みに代表される口腔感染症や交通事故等の外傷、失った歯を植立するインプラント、口が開きづらい・開くと痛みがある顎関節症などです。

  • 親知らずについて、詳しくはこちらから
    親知らずは一番最後にはえてくる為、はえるスペースがないと斜めにはえたり、埋もれたまんまの状態できれいに清掃が出来ず、汚れによって炎症が起きて腫れて痛みが出ます。

  • インプラント治療について、詳しくはこちらから
    歯を失った方には、インプラント治療という選択肢があります。歯の失われた部位の顎の骨の中に人工の歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける事により、失った歯と歯根の機能を回復する治療方法がインプラント(人工歯根)治療です。

  • 顎関節症
    下顎の付け根に顎関節はあります。痛みを感じているのがここだと正しく人差し指でさせるようなら、顎関節症の可能性は高いと考えられます。 痛みは顎関節以外の、こめかみや頬、あごの骨の後ろが痛むこと、又はっきりと指せないけれどその辺りが痛いことがあります。このような場合は食物を噛むための筋肉(咀嚼筋)の痛みであることが多いのです。 顎関節自体に問題はなく筋肉だけの痛みでも顎関節症という病名になります。

    また、顎関節症では口が開きにくい、大きく開けられない、急に口が開かなくなったと感じることがあります。この時、痛みのあることも無いこともあります。大きく口を開いた時、揃えた指がたてに楽に3本入れば、十分口は開いています。それ以下で、患者さん自身が不自由や痛みを感じていれば、顎関節症の代表的な症状の1つです。この症状を開口障害といいます。

口腔外科領域の外傷時の対応について

突然の事故やケガ、決して慌てないで下さい。交通事故や殴打(けんかなど)、転倒などで顔面を強打し損傷した時はまず意識がはっきりしているか確認します。

意識障害がある時はまず脳神経外科を受診します。意識がはっきりしていて歯が折れたり抜け落ちていたり、顔や唇、舌などに傷がある場合には歯科口腔外科を早急に受診してください。

歯が歯が折れたり抜け落ち時、歯は乾燥させない様にします。
他科を先に受診している時は生理的食塩水に浸します。家庭内や屋外で受傷し、歯科を最初に受診する際には牛乳の中に浸して持参してください。状態によりますが、歯をプレートで固定し再植できることもあります。

歯やお口の病気でお悩みの事などございましたら、是非一度、ご相談下さい。