大切なお子さんの歯を守る小児歯科・小児歯科治療:池袋 光本歯科(歯科医院・歯医者)

小児歯科治療なら、池袋 光本歯科医院

小児歯科

小児歯科(子供の歯の治療)

小児歯科(子供の歯の治療)

子どもの笑顔は かけがえのない宝物!

小児歯科とは、おおむね乳幼児期から、永久歯が萌え揃う学童期まで(12~13歳)を対象としています。虫歯の治療や予防処置、永久歯の歯並びや噛み合わせが正しくなるように指導や治療を行います。

子供の最初の歯は、通常 生後6カ月までに生えはじめ、3歳までに20本の乳歯が完全に生えそろうのが普通です。乳歯は、子供の身体・健康にとって大切なの物である事は言うまでもありませんが、これから生えかわる永久歯にとっても重要な意味を持っています。

光本歯科の小児歯科治療

お母さんといっしょに育てる歯科治療

当院では、ただ単にお子さんの虫歯を治療するだけではなく、お子さんの健やかな成長を歯科医師の立場から支援し、「お母さんといっしょに、健康で丈夫な美しい歯を育てていきたい」と考えています。

実は、健全な歯を育てる為のお母さんの役割りは、乳歯が生える以前からすでに始まっています。胎生7週めくらいから、乳歯はもうできはじめているからです。そして乳歯が顔をのぞかせるころには、もう永久歯が育ち始めています。

妊娠から永久歯が生えそろう12~15歳くらいまでは、特に大切な時期です。このとき、お母さんがどのように歯を守り育てるかが、お子さんの将来の生活に大きな影響を与えます。

輝く白い歯は、大切なお子さんの財産です。お子さんが自分の力で、自分の歯を守れるようになるまで、この財産を大切に守り育てていく事は、お母さんの重要な仕事です。

乳歯が生えはじめたら

生後6ヶ月のころ
生後6ヶ月を過ぎると、乳歯が生えはじめます。この時から、歯磨きが必要になります。

  • 歯磨きをはじめるとき
    最初は前歯しか生えていないのでガーゼ等でふく程度でも大丈夫ですが、授乳をしたまま寝かせない事がポイントです。自分である程度歯磨きができるようになっても、8~9歳位までは上手に磨けないので、汚れをきれいに落とす為の 「仕上げ磨き」 が必要です。

  • 上手な仕上げ磨き
    お子さんをあお向けに寝かせ、頭をひざにのせます。上下のくちびるを開き、よく歯が見えるようにします。楽しく、やさしく、磨きます。特に、歯と歯茎の境目、歯と歯の間、歯のかみ合う溝のなかに、汚れがたまりやすくなっています。歯ブラシは、ヘッドが小さく、毛先が短めのものを選びます。磨く順番を決め、磨き残しのないようにします。

  • フッ素はいつ頃塗るのでしょうか。
    フッ素は、歯の表面のエナメル質を強くし、虫歯になりにくくします。歯が生えてきた時から塗りはじめてよいのですが、年齢に応じた利用法があります。担当の歯科医師とよく相談して下さい。

歳の頃実
3歳になると3歳児健診があります。歯の健診も、歯科医が20本の乳歯が生えそろい、噛み合わせがきちんとできているか、また虫歯になりやすいのか、などをチェックします。3歳児の虫歯の状況をみると、これから先の歯の状況を予測する事ができます。そうした意味でも、改めて歯の健康や育児の方法を見直すよい機会になります。

6歳臼歯
6歳ごろになると、乳歯の奥歯のさらに奥に最初の永久歯が生えてきます。この歯の正式名称は第一大臼歯、一番大きく噛む力が最も強い大切な歯です。絶対に虫歯にできない重要な歯です。しかし、 6歳臼歯は最も大切な歯なのに、とても虫歯になりやすい歯です。それには、次のような理由があるからです。

  • 奥に生えてくるので、最初は気がつきにくい。
  • 歯の噛み合わせの面の溝が深く、カスがたまりやすい。
  • 奥に生えるので歯磨きがしにくい。
  • 生えたての歯は、歯質が未熟なため虫歯になりやすい。


「6歳臼歯がなかなか生えない」 、「痛い」、「前歯がななめに生えた」、「噛み合わせがおかしい」と言った場合などは、できるだけ早くご相談下さい。

信頼できるかかりつけの歯科医師をおもち頂く事で、定期検診や適切な指導を受けたり、わからない事を気軽に相談できます。
お子様の歯やお口の事で、お悩みや心配事などございましたら、どうぞお気軽に、ご質問・お問い合わせ下さい。